社会福祉士転職エージェントランキング

社会福祉士の転職事情について

日本の今急速に高齢化社会に向かっていて老人介護事業の一層の充実化が問題となっています。社会福祉士も例外ではなく、今後さらにニーズが高まっていく職業の一つと考えられており、資格保有者は比較的有利に転職活動を行えるでしょう。

社会福祉士の転職を考えた時にまず求人探しが重要です。株式会社サクシードが運営する「介護求人すぐみつかるナビ」は、その名の通り介護職の求人を専門に扱っている転職エージェントで、その転職成功実績の豊富さが注目されています。サービスは完全無料なので、転職を検討中の社会福祉士の方は試しに登録してみても良いでしょう。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
首都圏のみの対応ですが、転職希望を叶えてくれる「介護求人すぐみつかるナビ」が1位に!
■一番早くてなんと「即日」で社会福祉士の仕事を紹介してもらうことができます。
■会社にわざわざ足を運ばなくても、電話などで転職活動をサポートしてもらうことも可能。
■サービスは完全無料で、サイトは1分で登録可能です。登録後、1日以内に連絡がきます。
ただの悩み相談だけでもOK!強引に転職をすすめるようなことはもちろん無し!



クリックジョブ介護 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
納得いく仕事が見つかるまで妥協せずに徹底サポート!「クリックジョブ介護」も人気です。
■職場の雰囲気など細かい情報まで事前に知ることが可能で、転職後のミスマッチが起こりづらい。
■書類の作り方・面接対策などのサポートから、給与アップ交渉・退職交渉の代行までもサポート。
■面接1回ごとに交通費として1,000円が支給されるのは嬉しいところです。
■「高給与」「休日多め」「福利厚生充実」など希望する条件で社会福祉士の求人探しが出来る。


ベネッセ
介護士お仕事サポート
無料 全国 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■経験・実績のあるコンサルタントが社会福祉士の仕事探しをサポートしてくれます。
企業や好条件の求人に強いのが特徴。非公開求人になっているケースが多いので要無料登録。
■正社員・派遣・アルバイトなど、様々な雇用形態の求人を揃えているのも見逃せない。
■「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」で有名なベネッセグループの運営。大手企業なので安心♪
■転職の相談、仕事探し、求人紹介等のすべてのサービスが無料で利用できます。


MC介護のお仕事 無料 全国 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■株式会社メディカル・コンシェルジュ運営の介護職専門転職サイト「MC介護のお仕事」です。
医療・介護に特化しているからこそ可能な社会福祉士の転職サポートを受けることができます。
■派遣でも社会保険制度や有給休暇制度など、正社員と変わらない福利厚生の職場が見つかります。
■資格持ちのキャリアコンサルタントにキャリアプランづくりをサポートしてもらえます。
社会福祉士の求人数は業界トップクラス!細かい条件で求人を検索できるのも嬉しいところ。


かいご畑 無料 全国 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■介護資格を保有していなくても介護職の求人を紹介してもらえる上、資格取得もサポート!
■専任コーディネーターが転職者の希望を丁寧に聞き取り、入職までサポートをしてもらえます。
■社会福祉士の求人数も多く、中には非公開求人もあるので充実したマッチングを期待できます。
■日本全国で地域密着することができる長年のネットワークを持っているのも強みと言えます。
悩み相談だけでなく、キャリアアップの相談も受け付けています。またサービスは無料です。


社会福祉士が後悔しない転職をするには

社会福祉士が後悔しない転職をするためにはまずこの仕事が自分に合っているかどうかを確かめておく必要があります。一番いいのはどのような職場でもいいので、社会福祉士関係の仕事を行ってみることです。なにしろ、いきなり難しい資格を取って高待遇の職場に転職してから「この仕事は自分に向いていない!」と気づいても遅いのです。仕事内容によっては資格がなくても未経験でも働かせてもらえる施設があるので、まずはそういったところを頼ってみましょう。実際に働くことができない場合は本やインターネットで社会福祉士の仕事について知識を仕入れるのがいいでしょう。

社会福祉士にかかわる仕事を一度でもすればこの業界のやりがいや大変さがわかってくるはずです。特に現在の日本は急速に高齢化が進んでいる状態なので、これから社会福祉士の大変さはさらに増していくことが予想されます。ただ大変な分、社会福祉士に携わる人は重宝される可能性が高いです。

実際に仕事を体験してみて「自分に合っている」と思ったならば、いよいよ資格取得を目指していく段階です。社会福祉士は国家資格です。受験資格の取得方法はさまざまで、「福祉関係の4年制大学を卒業する」、「福祉関係の短大で大学を卒業しつつ実務経験を積む」、「一般の4年制大学を卒業しつつ養成所に通う」、「一般の短大を卒業しつつ実務経験を積み、さらに養成所に通う」の4つが代表的な方法となります。

資格を取得した後はいよいよ転職活動を行っていきます。転職活動は求人情報を得るのが基本です。雑誌や広告、インターネットなどを活用し、自分に合った社会福祉士の求人を探していきます。同じ社会福祉士の仕事でも職場によって全然雰囲気が違うものなので、後悔しない転職をするにはその違いを意識する必要があります。

転職活動中は転職のことで忙しくてなかなか大変ですが、それでも社会福祉士としてのレベルアップは怠らないようにするといいでしょう。転職後に自分がどういった活躍をできるかイメージしたり、講習会に参加したり、できることはたくさんあります。そういった地道な活動が転職後に大きく役立ってくるものです。

また求人を選ぶ時は条件をよく確認しておきましょう。社会福祉士は現代の日本にとって非常に重要なやりがいのある仕事ですが、あくまでもお金を稼ぐ手段であることを忘れてはなりません。給与や福利厚生、教育制度などを見て今後の自分のためになるかどうかを考えておくといいでしょう。


Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.