社会福祉士の転職年齢(何歳までに転職するべきか)

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士の転職年齢(何歳までに転職するべきか)

社会福祉士の転職年齢(何歳までに転職するべきか)

社会福祉士の転職年齢は基本的にそれほど気にする必要はありません。国家資格ですし、高齢化が進む日本にあってはそのニーズがつきることもそうそうないでしょう。実際に40代、50代で社会福祉士の転職を行う人も珍しくないですし、自分が「転職したい!」と思った時に素直にチャレンジしてみるのがいいです。

ただし、公務員の社会福祉士になる場合は年齢に注意しなければなりません。というのも、公務員の社会福祉士は自治体ごとに年齢制限を設けているからです。その年齢制限を超えた年齢だった場合、当然ながらそもそも採用試験を受けることができません。もし公務員の社会福祉士を目指すのであれば必ず応募したい採用試験の年齢制限はチェックしておいてください。またできることなら年齢が若いうちに応募しておくといいでしょう。

具体的に何歳で転職した方がいいかという点については公務員でなくても若い年齢である方がいいです。というのも、日本では転職自体があまりよく思われない風潮があるからです。同じ職場で長く働いていた方がキャリアアップの点でも有利になることが珍しくありません。将来出世することを望むのであれば30歳までには転職先を決めておくといいでしょう。

といっても社会福祉士の業界ではすぐに自分にとって最高の職場を見つけられるとはかぎりません。非常に働き先の種類が広く、実際に働いてみなければわからないことも多いので、30歳を過ぎてから自分の進む道が見えてくることもあります。そのため、「若いうちにいいところに転職しなければ!」と焦りすぎるのも逆によくないのです。まずは実務経験を通して知識や見聞を広めていきましょう。

またすでに実務経験があるかどうかでも状況が変わってきます。40代、50代になってから社会福祉士の資格を取得し、キャリアをスタートさせる人もいます。そういった人はもちろん若い頃から実務経験を積んできた人と比べると転職に不利になりますが、別業界の経験が無駄になるわけではありません。しっかりと採用面接で別業界の経験が生かせることをアピールすれば大したハンディにならないこともあります。

豊富な実務経験を持っている場合は確実ではないものの、転職直後からそれなりの地位につくことも可能です。そのため、自分のキャリアに自信があるのであればより高待遇の求人を探して転職してみるといいでしょう。社会福祉士として優れた能力を発揮できれば日本でも転職を歓迎されます。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.