社会福祉士と社会福祉主事とケースワーカーの違い

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士と社会福祉主事とケースワーカーの違い

社会福祉士と社会福祉主事とケースワーカーの違い

社会福祉主事というのは何かというと、社会福祉関係の資格のひとつを指します。この資格は公的な福祉施設に勤務する人が社会福祉における専門的な相談・アドバイスを行う際に必要です。公的な福祉施設には社会福祉主事の設置が義務であり、民間においても重宝されることがあります。

社会福祉士と社会福祉主事の違いについてですが、一番は前者は「国家資格」で後者は「任用資格」であることです。国家資格は取得さえすれば就職していなくてもその職業を名乗ることができますが、任用資格はそれができません。任用資格の場合、資格を取得して実際にその業務のポストに就くことではじめて名乗ることができるのです。

また社会福祉士は公的な福祉施設だけでなく、公務員・民間問わず、医療系や福祉系など幅広い職場で働くことができます。さらに社会福祉士の国家資格を持っている場合、一から社会福祉主事の資格を取得する必要はなく、すでにその資格を持っているものとして扱われます。つまり、どちらかといえば社会福祉主事よりも社会福祉士の方が上位の資格ということであり、ステップアップを目指して社会福祉士の資格取得を目指す社会福祉主事も多いです。

ではケースワーカーとは何かというと、公的な福祉施設で相談やアドバイス、援助業務を行っている職員のことを指しています。そのため、公的な福祉施設での設置が義務付けられている社会福祉主事はケースワーカーの職業のひとつといえるでしょう。ただ近年は公的な福祉施設だけでなく、民間の職員もケースワーカーと呼ばれることがあるので、捉え方次第で意味が広がったり狭くなったりします。

社会福祉士も公的な福祉施設に勤務するケースがありますし、社会福祉士であり、社会福祉主事であり、ケースワーカーでもあるという状況も存在します。ただひとついえるのは社会福祉主事、ケースワーカー、社会福祉士の順にそれぞれの言葉が示す意味の範囲が大きくなっていくということです。

ちなみに社会福祉士よりさらに意味の範囲が広い言葉として「ソーシャルワーカー」があります。ソーシャルワーカーは社会福祉士だけでなく、精神保健福祉士といった資格のことも含めた意味になります。このように福祉業界というものはかなり似通った意味の言葉がたくさんあるのです。それぞれの違いを知らなかったとしてもそれほど困ることはないですが、これから社会福祉士として働くことを考えている場合は知っておいた方が有利です。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.