公務員の社会福祉士として活躍するには

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 公務員の社会福祉士として活躍するには

公務員の社会福祉士として活躍するには

公務員の社会福祉士として活躍するにはまず公務員試験を受けなければなりません。公務員試験は国や都道府県、市役所といった公的な機関が行っているので、それぞれの募集情報を見ていくことになります。公務員試験に受かるためには幅広い知識と経験が必要です。ただ社会福祉士の国家資格の試験内容と似た部分も多いので、一から勉強しなくてはならないところがたくさんあるわけではありません。社会福祉士の国家資格の試験内容と似た部分は復習のつもりで対策しておくといいでしょう。

公務員の社会福祉士の募集は民間ほど精力的に行われるわけではありません。募集自体不定期に行われますし、募集されたとしても少人数の採用のみということも珍しくないのです。そのため、募集情報はこまめにチェックしておき、見逃さないようにしておかなければなりません。

実際の業務では社会福祉士としての専門知識はもちろん、業務に対する誠実さや状況判断能力が必要になってきます。これらの能力がしっかり身についている人であれば、公務員の社会福祉士においても間違いなく活躍できるはずです。基本的に採用試験の段階でこのような人が受かるようになっているので、採用された時点で自分の社会福祉士としての能力に自信を持って構いません。

特に民間から公務員の社会福祉士になる場合はより多くの自信を持っていていいでしょう。なぜなら民間の社会福祉士も公務員の社会福祉士もそれほど業務内容に違いはないからです。社会福祉士は仕事の種類がもともと幅広いので、以前の職場とまったく同じ業務に就けるとはかぎりませんが、民間での経験はどのようなものでも大いに役立つはずです。

公務員の社会福祉士の仕事内容についてですが、高齢者や子供、障害者など、社会生活を満足に送れない人々のサポートを行います。どのようなサポートを行うかというと、窓口に訪れた人の相談を受けたり、事務をこなしたり、他の機関・施設と連携をとったりします。国家資格持ちの公務員は職場でも頼りにされることが多いので、その期待に応えられるようにするといいでしょう。

公務員の社会福祉士として活躍することができれば、安定した給与や福利厚生を得ることができます。解雇のリスクも少ないので、長く働くにはもってこいの仕事です。また勤務先によっては残業がなく、毎日定時で帰れることもあります。もちろん業務を効率的にこなすスキルがなければ難しいですが、プライベートを充実させたい人はこういった勤務先を狙ってみるといいでしょう。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.