社会福祉士として独立するには

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士として独立するには

社会福祉士として独立するには

社会福祉士として独立するにはまずその仕事についてよく知っている必要があります。ちなみに独立した社会福祉士のことは一般に「独立型社会福祉士」と呼ばれています。その定義は事業所の職員として勤務している人以外で、自分で事業所を開業している社会福祉士、となっています。

社会福祉士が独立するということは、言ってみれば弁護士、司法書士といったように専門的な業務を行う人が新たに事務所を構えるということです。そのため、いきなり独立するのではなく、あらかじめしっかり準備してから行動に移したいところです。社会福祉士の資格を取得しておくことや社会福祉士会に所属しておくことなど基本は必ず押さえておきましょう。

なぜ社会福祉士会に所属しておかなければならないかというと、ここに所属しておけば独立型社会福祉士の研修を受けることができるからです。研修を受ければ独立に必要なノウハウを得ることができますし、研修を終えたことの登録も可能です。またこの研修には他の独立を目指す社会福祉士も参加するので、そういった交流を通じてネットワークを作ることもできます。

他にも社会的な認知や信用を得られたり、社会福祉士賠償責任保険制度に加入できたり、相談や支援を求めている人が開業した事業所にアクセスしやすくなったりと、社会福祉士会に所属するメリットは幅広いです。

独立型社会福祉士として社会福祉士会に名簿登録するにはいくつかの条件があります。たとえば、都道府県社会福祉会の会員であること、認定社会福祉士であること、社会福祉士会に開業の届出をすること、事業報告書の毎年の提出を確約すること、名簿の公開に同意することなどがあるので、登録前に確認しておいてください。

弁護士や司法書士であればその業務は資格所有者しか携われないので、安定した収益が期待できますが、社会福祉士に関しては無資格でも業務自体は行うことができます。そのため、収益を得るのが難しく、経営スキルが高くなければせっかく独立しても長続きしません。だからこそ研修の段階でやれることは何でもやっておくべきなのです。

人によっては収益を得やすくするために社会福祉士とケアマネジャーを兼務することもあります。社会福祉士とケアマネジャーはかなり親和性が高い職業なので、兼務することで仕事の価値がより高まるのです。社会福祉士と親和性の高い資格は色々あるので、独立する前に資格取得を目指すのもいいかもしれません。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.