社会福祉士の転職時の面接時のポイント

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士の転職時の面接時のポイント

社会福祉士の転職時の面接時のポイント

社会福祉士の国家資格を取得していれば面接でそのことをアピールできます。そのため、精神的にも楽になって本番に臨むことができるでしょう。面接では面接官が求人応募者を直に見て採用するかどうかを決めることになります。顔や姿勢、態度など外見から得られる印象はもちろんのこと、社会福祉士の適性を持っているかどうかというところも余さずチェックされます。

落ち着いて面接を行うには事前の準備が欠かせません。たとえば面接で聞かれるかもしれないことやそれに対する回答はメモなどに書き出しておくといいでしょう。面接で言いたいことをあらかじめはっきりさせておけば、当日もスムーズに話せるはずです。特に書き出しておきたいのは社会福祉士としての志望動機や展望です。社会福祉士の転職の面接なので、応募者にとっても面接官にとっても社会福祉士にかかわることを話す必要があります。もし社会福祉士になれたとしてどのように業界とかかわり貢献していくつもりなのかを話せるようにしておいてください。また場合によっては趣味やその時の社会情勢なども質問されることがあるので、新聞やニュースくらいには目を通しておくと安心です。

面接の事前準備ではメモを書き出すだけではなく、そのメモをもとにした練習を行うことも有効です。具体的にはイメージトレーニングや模擬面接があげられます。模擬面接はどうしても協力者がいる分やりにくいですが、イメージトレーニングなら一人でも可能です。模擬面接のメリットは客観的に自分の良い点、悪い点を指摘してもらえることです。良い点はさらに伸ばし、悪い点は改善すればいいので、どんどん面接の受け方を上達させることができます。こういった練習を繰り返せばただ上達するだけでなく、自信もついてくるようになります。自信は面接を受ける上で非常に大切なことです。

面接本番で気をつけたいのはポジティブな発言を心がけることです。たとえば社会福祉士の業界そのものや以前の職場について少しでも悪口を言ってはなりません。悪口を言っている人は面接官の目に魅力的に映りませんし、自分の能力のなさや自信のなさを認めているようにすら見えます。かといって理想ばかりを並べ立てたり、現実の厳しさを軽視したりするのも良い印象にはならないので、ちょうどいい具合を意識してください。またわからないことは素直に「わからない」と言うようにしましょう。無理に知ったかぶりをするとむしろ減点になります。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.