社会福祉士の転職時の志望動機のポイント

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士の転職時の志望動機のポイント

社会福祉士の転職時の志望動機のポイント

社会福祉士の志望動機とひとくちにいっても実際にはさまざまなものがありますが、それを具体的に説明できるかどうかで採用担当者の印象が大きく変わってきます。というのも、志望動機に具体性がなければ「それほどうちで働きたいと思っているわけではないのか?」と思われてしまう可能性があるからです。本当に社会福祉士として働きたいと思っているのであれば自ずと志望動機も採用担当者に訴えかけられるものができるはずです。

それができないということはもしかするとまだまだ社会福祉士への思いが足りないのかもしれません。特に近年の日本は高齢化が進み、社会福祉士の仕事もさらにハードになっていくことが予想されるので、転職の際にはいかに採用担当者にこの業界で働きたいという情熱を伝えられるかがポイントになってきます。

志望動機に具体性を持たせるには実体験をからめるのが有効です。今までに行ってきた社会福祉における実習・ボランティアをあげ、それを通してどのようなことに気づき、学んできたのかを考えてみるといいでしょう。そしてそこから将来的に自分がどのように社会福祉士として業界に貢献できるかといったビジョンまで見えてくれば志望動機としては満点です。

福祉施設利用者の気持ちを楽にさせたり、サポートしてあげたいという程度のことは誰にでもいえます。いくらそういった思いがあったとしても実際に社会福祉士として働いてみるとうまくいかないことも珍しくないでしょう。そのため、意気込み以外にも、「自分なら具体的にこういったサポートをして福祉施設利用者を助けてあげられる」といった内容を志望動機に含めるのがコツです。

ただ志望動機に盛り込める実体験がない場合は無理に具体性を持たせる必要はありません。社会福祉士は基本的にハードな職業なので、「まだやったことはないけど頑張れそう」というようなことを言うと採用担当者から反感を買ってしまいます。最悪の場合、「やる気はありそうだけど雇ったら業務のハードさに驚いてすぐ辞めてしまうかもしれない」と思われてしまう可能性があります。

そのため、志望動機に盛り込める実体験がない場合はいかに社会福祉士がハードであるかの理解を示しておくのがいいでしょう。たとえ体験していなかったとしてもハードな業務をこなす覚悟があるというところをアピールすれば採用担当者の見る目も変わってきます。他の業界で何かハードな業務をこなした実績があるのであればそれを盛り込むのもひとつの手です。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.