新卒の社会福祉士が転職するには

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 新卒の社会福祉士が転職するには

新卒の社会福祉士が転職するには

新卒の社会福祉士は人材としての価値、将来性が高いので、転職を比較的気軽に行うことができます。ただし、最初の職場について間もない場合はいきなり辞めてしまうのではなく、できるだけその職場の上司と相談しながら問題を解決していくといいでしょう。

新卒の社会福祉士はどうしても経験が少ない分、些細なことで転職をしたくなるものです。しかし、その不満が社会福祉士を営んでいく上で避けられない類のものだった場合、転職先でも同じ気持ちになってしまうことが予想されます。そうなると転職を何回も繰り返すようになり、ステップアップのための転職ではなく、「職場から逃げる」ための転職になってしまうのです。そういった負のスパイラルに陥ると新卒の社会福祉士だとしても人材の価値が下がっていくので、とてももったいないです。

上司に相談しても解決できないことが悩みだった場合、その時はいよいよ転職を行うことになります。日本では新卒での転職を快く思わない人が多数ですが、社会福祉士は国家資格ですし、業務内容もハードなものが多いため、他の業界と比べると周囲が納得しやすい傾向にあります。「最低3年は同じ職場で働くべき」という言葉もありますが、社会福祉士の転職に関してはそれほど気にする必要はなく、本気で転職するべきだと感じたのであれば勤続年数が3年以内だったとしても積極的に行うべきです。

転職の仕方についてですが、最初の職場にはまだ何も告げないうちに次の働き先を探すことになります。こうすれば次の働き先が決まってから辞めることができるので、スムーズに転職することができます。特に新卒の社会福祉士の場合、いきなり大きな仕事を任せられることもありませんし、引継ぎに多くの時間を割かずに済みます。

新卒の社会福祉士が転職の採用試験で注意しなければならないのは「以前の職場をなぜ辞める気なのか」という問いにどのように答えるかです。ここで肝心なのは以前の職場を悪く言わないことです。以前の職場を悪く言う人は客観的に見て格好悪いですし、採用担当者からすると「雇ったら自分の会社のことも悪く言うのではないか」と心配になります。もちろん以前の職場が倒産したりするなど、誰が見てもはっきりわかるような理由があればネガティブな内容を述べるのもいいですが、第三者から見て本当かどうかすぐにはわからないようなことは述べるべきではありません。そのため、職場を辞める理由はできるだけポジティブに、ステップアップのためとするべきです。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.