社会福祉士によくある転職理由

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士によくある転職理由

社会福祉士によくある転職理由

社会福祉士によくある転職理由にはたとえば「キャリアアップしたい」というものがあげられます。社会福祉士は国家資格ですし、社会生活を営むのが難しい人々への指導・アドバイスを行ったりする分、業務の難度も高いです。そういったレベルの高い業界に携わるとするならばそれ相応の地位や収入を期待するのは当然といえるかもしれません。

社会福祉士が活躍できる場はたくさんあります。たとえば介護施設や地域包括センター、病院など、市区町村が扱っているものもあれば、民間の会社が運営しているものもあります。当然それらの職場によって社会福祉士に用意できる待遇は異なります。そのため、「本当に自分にとって働くメリットが高い職場」を探すために転職を検討する社会福祉士が多いのです。

しかし、社会福祉士は業務独占資格というわけではありません。業務独占資格というのは代表的なものでは医師、弁護士といった資格があげられますが、資格を持っていなければその業務に携わることができないタイプの資格のことを指します。つまり社会福祉士の資格を持っていなくても同じような仕事を行うことができるので、業務独占資格ほどにはキャリアアップが期待できないことも意識しておかなくてはなりません。

それから自分が貢献したい施設で働くために転職するという理由もよくあります。社会福祉士という国家資格を取得するくらいなので、大抵の人は社会福祉へ大きな情熱を持っているものですが、やはり実際に働いてみるとそれまで見えてこなかった現実がはっきりと見えてくるようになります。そしてそれまでは「社会福祉」というぼんやりとした捉え方だったものの、そのうちより具体的な世界で活躍したいと考えるようになるものです。

特に社会福祉士の転職で代表的なのは医療系の施設にいくか、介護系の施設にいくかという選択です。この2つの業界は似ているようで全然違います。社会情勢によっては人材が不足したり、特に力を入れなければならなくなることもあるので、そういった時代の変化も考慮しながら社会福祉士は自分の進むべき道を決めていくことになります。

このような転職理由は応募書類の作成や面接に使うことができます。転職理由がはっきりしているかどうかで、採用のされやすさが違うので、転職する時は注意しておいてください。基本的にはポジティブな理由になるほどよく、ネガティブな転職理由はかえってマイナスになることが多いです。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.