社会福祉士と医療ソーシャルワーカーの違い

社会福祉士転職TOP >> ここは押さえよう >> 社会福祉士と医療ソーシャルワーカーの違い

社会福祉士と医療ソーシャルワーカーの違い

社会福祉士は社会的に生きていくのが困難な人の相談を受け、指導やアドバイスをする職業です。一般的にはソーシャルワーカーというカテゴリに入ります。ソーシャルワーカーというのは社会福祉士以外にもたとえば精神保健福祉士など、社会的に生きていくのが困難な人をサポートする職業全般のことを指した言葉です。ちなみにソーシャルワーカーは医師、看護師といったその資格がなければ該当業務ができない職業には当てはまりません。そのため、たとえ専門資格を持っていなくてもソーシャルワーカーとして働くこと自体は可能です(有資格者を名乗ることは不可)。

社会福祉士をはじめとするソーシャルワーカーの勤務先は医療施設、福祉施設が基本です。勤務先や仕事内容によってさらに細かい分類があり、たとえばコミュニティ・ソーシャルワーカー、サイキアトリック・ソーシャルワーカー、スクールソーシャルワーカーといったものがあげられます。コミュニティ・ソーシャルワーカーは地域で悩んでいる社会生活が困難な人のサポートを行うもので、サイキアトリック・ソーシャルワーカーは精神障害者のサポートを行うもの、スクールソーシャルワーカーは子供のサポートを行うものとなります。

では医療ソーシャルワーカーとは何かというと、コミュニティ・ソーシャルワーカー、サイキアトリック・ソーシャルワーカー、スクールソーシャルワーカーと同様、ソーシャルワーカーの一分野となります。具体的には医療施設に勤務しているソーシャルワーカーのことを指します。

ソーシャルワーカーはもともと社会福祉士のことも含めた言葉なので、社会福祉士と医療ソーシャルワーカーにはそれほど大きな違いがあるわけではありません。たとえば医療施設で社会福祉士として勤務していた場合、その人は社会福祉士であり、医療ソーシャルワーカーでもあるということになります。ただ前述の通り、社会福祉士を名乗るには社会福祉士の国家資格を持っていなければなりません。

医療ソーシャルワーカーの仕事内容についてですが、医療施設を利用している患者の問題の解決や援助を行います。もちろん医師や看護師ではないので、問題の解決や援助といっても病気や怪我、障害などを直接治すわけではありません。たとえば退院後の生活環境を整えてあげたり、在宅サービスを紹介したりと、医療というよりは医療措置を受けている人のために福祉的なサポートを行っていくのが基本です。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.