母子支援施設の社会福祉士求人

社会福祉士転職TOP >> 職場別の求人 >> 母子支援施設の社会福祉士求人

母子支援施設の社会福祉士求人

母子支援施設の社会福祉士求人では母子支援員という仕事を行うことになります。母子支援員は社会福祉士だけでなく、精神保健福祉士や保育士でも携わることのできる仕事です。これらは国家資格ですが、必ずしも資格を取得しておかなければならないわけではなく、実務経験が2年以上あれば無資格でも母子支援員になることができます。しかし、それはあくまでも法律の規定での話で、実際は資格を持っていなければ応募不可としている求人も多いです。そのため、母子支援施設の社会福祉士求人に応募するつもりなのであれば、まず社会福祉士の資格を取っておいた方が間違いありません。

母子支援員の仕事内容についてですが、母子支援施設に訪れる女性へのサポートが主です。母子支援施設に訪れる女性は夫との離婚や死別、DVを経ており、18歳未満の子供がいます。そこで母子支援施設がその家庭が自立できるように就職サポートや育児相談を受けつけたり、法的手続きや関係機関との連携・調整を行ったりするのです。母子支援施設に訪れる女性は経済的にも精神的にも疲弊していることが多いので、その両面をケアしていく必要があります。ちなみに母子支援施設の半分は公立の施設です。

たとえば愛知県豊田市ではパートの母子支援施設の社会福祉士求人が出ています。年齢制限はありません。就業時間は9:15〜19:00の間で6時間程度、休憩時間は45分です(残業なし)。勤務は週5日で、給与は時給制、基本給は900円です。基本給に加え、定額で支払われる手当があります。賞与はありませんが、雇用・労災・健康・厚生の各種社会保険に加入することができます。自動車通勤可で無料の駐車場もあります。通勤手当は月額上限24,400円です。

仕事内容は施設利用者の日常生活の支援となります。具体的には子育てを支援したり、支援内容を記録したりします。実際に子供を預かって面倒を見たり、学習指導をすることもあります。経験は基本的に不問ですが、福祉大学あるいは福祉専門学校を卒業している必要があります。資格は社会福祉士、精神保健福祉士、保育士のいずれかが必要です。どれも持っていない場合は児童福祉施設での実務経験が3年以上あればOKとなっています。

勤務日や勤務時間は相談することができます。求人に応募するには応募書類を郵送で提出することになり、書類選考に通過した場合、面接についての連絡がきます。雇用期間には定めがありますが、契約の更新も可能です。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.