児童相談所の社会福祉士求人

社会福祉士転職TOP >> 職場別の求人 >> 児童相談所の社会福祉士求人

児童相談所の社会福祉士求人

社会福祉士は高齢者に関わる相談だけでなく、児童に関わる相談も仕事で扱うことがあります。特に児童相談所の社会福祉士求人ではそういった仕事ができる人材を求められます。法律では児童は心身を健康に育てられ、また生活を保障・愛護されなければならないとしているので、社会福祉士の役割は重要です。特に近年は離婚率が高く、虐待をするケースも増えているだけに問題を察知する能力が要求されます。

法律では児童の定義を18歳未満としています。そして児童相談所はその児童の相談や援助を行う公的な機関です。児童相談所のスタッフは児童福祉司、児童相談員、児童心理司など部署によってさまざまな呼び方がありますが、社会福祉士が就くのは基本的に児童福祉司となります。

児童相談所の社会福祉士求人では具体的にどのような相談業務を扱うかというと、児童と直接話すというよりは保護者と話すことで相談していきます。相談内容は大まかに分けて「児童を育てることができないという悩み」、「児童の育て方がわからないという悩み」、「児童が犯罪や非行に走るという悩み」、「児童が障害を持っているという悩み」の4つです。保護者側が抱えている問題と児童側が抱えている問題の両方の面から相談に乗り、解決を図ります。

児童相談所の社会福祉士求人で求められる人材は社会福祉士もしくは医師の国家資格を持つ者です。これらの国家資格を持っていない場合は実務経験を積ませたり、研修を受けさせることでカバーします。また児童相談所で働くということは公務員になるということなので、一般行政職の公務員試験を突破しなければなりません。

たとえば「宇部市家庭児童相談室」では正社員以外の社会福祉士求人を出しています。仕事内容は家庭児童の相談指導、各関係機関との連携・調整、ワード・エクセルによる業務記録作成などです。勤務先は山口県宇部市で、年齢制限はありません。資格についてですが、社会福祉士や児童福祉司任用資格、臨床心理士などの資格のいずれか1つを取得している必要があります。またそれとは別に普通自動車運転免許(AT限定でも構わない)も持っている必要があります。

勤務時間は9:00〜17:00、休憩時間は60分です。給与は182,000円(日給×20日、通勤手当含む)、休日・休暇は土日祝日年末年始等です(年間休日120日)。年末年始休暇は12月29日〜1月3日が対象です。自動車通勤は認められています。

社会福祉士の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2017 社会福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.